アイブリッジ協同組合
経済産業省関東経済産業局、国土交通省関東運輸局、
国土交通省関東地方整備局、東京都産業労働局、
総務省 認可
アイブリッジ協同組合

パワーリンク協同組合からアイブリッジ協同組合に
2019 年9 月9 日より名称が変更となりました。

03-6228-4196
10:00~17:00 休み:土日祝日

よくある質問 よくある質問

実習生の募集はどこから募集するの?
主な送り出し国は、ミャンマー、ベトナム、フィリピン、中国、カンボジアで、募集段階からチェックを行い、企業様の要望に合わせた技能実習生の選定・確保についてしっかりとした体制を築けています。
面接・入国前講習では日本人と同じように
面接が可能?
面接の段階で組合スタッフが企業様に同行し、立会いいたします。通訳が同席するのと合わせて、アドバイスもさせていただくため、日本人と同じような感覚や手順で面接が可能となります。実技試験を実施することもできます。
入国・入国後講習はどこで講習するの?
実習生の入国時は私どものスタッフが対応いたします。当組合は、千葉と静岡県伊豆に研修センターを設けており、実習生は同センターで約1カ月間の日本語講習、法的保護講習、技能講習などを受講します。
配属時、手続きや宿舎での指導をするのは面倒?
組合スタッフと専属通訳が、実習生の住民登録手続きや買い物などに同行し、宿泊施設では生活指導を実施します。翌日には就業場所に伺い、作業の手順などについては通訳を介して実習生に理解させます。
外国人技能実習制度とは?
外国人技能実習制度とは、最長3年(優良な実習実施者の場合は5年)の期間において、技能実習生が企業様と雇用契約を結び、日本で技能を習得することを目的とした制度です。
外国人はどういう立場で日本に滞在できますか?
入管法に規定されている在留資格「技能実習」で滞在できます。1年目は「技能実習 1号ロ」で在留することとなり、雇用契約に基づく技能習得が可能。2~3年目は、在留資格「技能実習 2号ロ」となり、技能習得活動に継続して従事できます。
原則、転職・職種の変更はできません。
どのような職種でも入国が認められますか?
単純な反復作業の職種ではない事。技能実習は、80職種・144作業(2019年5月28日時点)と決められています。
※詳しくは下記からお問い合わせください
https://ibridge.or.jp/inquiry/
iBridge
open